万葉恋歌

27年程前、エッセイストでいらっしゃるK先生の万葉講座を受講していたことがあります。

「万葉恋歌」の著書でも有名な方です。

先生の講座でとても印象に残っている一首があります。

 

   『吾を待つと君が濡れけむ 
          あしひきの山のしづくにならましものを』

                  大津皇子

訳・・私を待つといって、あなたが濡れた、その山のしずく、そのしずくがうらやましいわ。

   だって、恋しいあなたのからだに触れたんですもの。

   私もしずくになりたかったのに・・・。


こどもが、国語のテスト問題で古典の作者などの事を聞いてきたので、「ふっ」と万葉集のことを思い出しました。

K先生は、90才くらいになられたのかしら?

4年程前、車を運転してラジオを聞いていると、K先生とお孫さんの心温まる手紙のやりとりを紹介していました。

ラジオの件で先生にお手紙を出しましたら、早速にご返事を下さいました。

その後、お元気でご活躍されていらっしゃるのかしら?

とてもロマンチストで、やさしいお声を思い出します。