路傍の石より

「たったひとりしかいない自分を

  たった一度しかない人生を

  ほんとうに生かさなかったら

  人間生まれてきたかいがないじゃないか。」

    路傍の石 山本有三

生きているうち、若いうち、考えたとき、決断したとき、
自分のみち、自分の足跡、
全てが、自分の責任、自分の糧
自分を生かせるから楽しい人生、喜びの日々。
どうせなら、幸せな一生がいい。 合掌