親孝行

「若いときには親の絶対的な慈悲にすら、そのありがたみを感じることがなく、

むしろいろいろと親の意にそむきがちです。

しかし、親が亡くなって後に折に触れてその偉大な愛に胸を打たれ、

せめて少しでも親孝行らしいことをしておいたらと、悔やまれる。」

                            松下幸之助


親はいくつになっても、親。
親に心配をかけないのが、孝行。
やはり、所帯を持つことが、親は嬉しい。
孫の顔も見せてあげましょう!

 親に感謝