②成功者になろう

劣等感や嫉妬心は誰でも持っているものですが、特に純粋であつたり、繊細であったり、感受性が強かったりすると、意外にものすごく大きく感じるものです。

劣等感や嫉妬心は、良くないものですが、そういうものを感じる人の中には、実は、優秀な人も多くいるのです。

そのような人は考え方を変えることで、成功の軌道に乗ることが可能になります。