言葉

否定的な言葉は、誰でも抵抗を感じます。肯定的な出方をすれば、スムーズな会話が出来ます。ストレートな否定の言葉は正論でも、受け入れられず言い争いになり「嫌な人」と嫌われる。

 

例えば、
「~してほしいんですけれど」と、穏やかな口調で言ったのと、「なんで~してくれないんですか」と、きつく言ったのでは、相手の耳の傾け方が、違ってくる。

 

ストレートな否定の言葉を浴びせたら、相手とのコミュニケーションはとれません。お付き合いが始まり、だんだん相手を理解してきたら、遠慮が無く

つい、口走ってしまうかもしれません。
  
否定語を使う癖のある人は、よくよく考えて言葉を発しましょう。肯定的な言葉は、「思いやり」に通じます。肯定的な言葉で、会話を楽しみましょう。