感謝の気持ちを継続する

人間は我が儘な動物だとつくづく思う。

 

例えば、ツバメが玄関先に巣を作る。ツバメが訪れる家は、隆盛を極めている、と言われる。しかし巣立ったあと、糞まみれになった壁などを見て、「来なければよいのに」とか、「巣が作れないようにしてしまおうか」などと、身勝手な事を考える


春先、ツバメが巣作りに来たときは、「今年も来てくれた」と喜んでいたのに・・・

子どもが生まれたときは、大喜びをしていたのに、だんだん手がかかる手に負えなくなると、何で生んでしまったのか、とか後悔をする。

 

お金を借りて、その時は感謝感謝で、「神様、仏様」と崇めたてまつるのに、返すときは、恩を忘れて逆恨み。そんな感情が、なぜでてくるのか不思議なのだが。初心に戻り、感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。