初物の枇杷

千葉に住んでいる友人が、枇杷を持ってきて下さった。

 

前日の夜遅くに電話で、「明日浦和の友人のところと、そちらに枇杷を持っていくからね。」と、言われ、「何時になるの」と聞くと、「7時に出るから、12時頃かな? 2時頃までには行けると思うわ」と。

 

会員さんが、2時にいらっしゃるので、バッティングしなければいいのだけれど・・・・。と思いつつ、待っていると、携帯に伝言がはいっていた。「4時か5時頃になるからね」 そして、待ちくたびれた頃息子さんご夫婦と一緒にいらした。

 

よくもまあ、息子さんもいらして下さった。もちろんお嫁さんも、ご一緒に・・・・嬉しいやら、感激するやら話したいことは山ほどあるのに、時間が気になって・・・・

 

明日は、仕事なので、長く引き止める訳にもいかないか、と、心のなかで葛藤しながら     一時間半は、アッと言う間に過ぎて行った。

 

私の高校時代の友人の友人で、今は亡き、お母様と親しくさせて頂いた。

友人は、抜きでよく電話でお話もした。娘には、言えないことも話して下さった。亡くなって、17年。おばさんがいたら、いろいろなアドバイスもあったのではないかと、残念に思っている。

 

出会いは、本当に楽しく嬉しい事。結婚も出会いが最初です。沢山の出会いを持って、素敵な方をゲットしてくださいね。