14才の少年

「病気で見ずらいバスのボタン」の投書について、

14歳の男子が それについて投書していた。

 

 彼は、病気には様々なものがあり、他人

には理解できない苦労が あると言っていた。

そして、人間関係が希薄になっていると指摘しながらも

、周囲の人に 頼んだ方がよいのでは、と、

提案していた。

 

 今の世の中、人の事を自分の事として感じることが

少ない人々が 多い中、

彼は、中学生でそれを感じ、分析しよりよい方法を模索し、

提案していた。

 

 彼のような少年が大人になったら、

世の中は穏やかで、思いやりの ある

、平和な世界になるのにと思う。

 

 私は、彼の年齢の時こんなに考えただろうか?

いえいえ、自分の事で手一杯で、考えられませんでした。

 

彼には「あんたは偉い」この一言のみ言ってあげたい。