幸福のしっぽ

子猫がくるくると自分のしっぽを追いかけている。

見かねた年とった猫が、「坊や、どうしたの。」とたずねた。

子猫は答えた。

「猫にとって一番大事なのはしっぽ。

だからしっぽっをつかまえたいんだ。

そうしたら僕は幸せになれるから。」

 

 大きな猫は言った。

「私も若いころは同じことを考えたわ。

でも、しっぽは追いかけるとにげていくの。

でも、自分のやるべきことをやっていると、

しっぽは、私がどこへいっても、

必ずついてくるものなんだよ。」

 

このたとえ話は、幸福は、自分の外部にあるもの、

他人がくれるものだと考えていると、

いくら追いかけても手に入らないものだ。

 

自分の価値を内部に発見する人は、幸福に

なれる人なのだ。

 

結婚に当てはめれば、相手の条件にばかり、

目が行って、それが幸福になると勘違いしては

いないだろうか?

 

淡々と婚活をしていれば、必ず幸せな時がやってくる

と、感じるこのごろです。