ネクタイの「色」による印象の違いとは

婚活をするに当たって、スーツを着る機会って多いですよね。

そして、スーツを着ると必然的にネクタイも着用することでしょう。

みなさんは、ネクタイを適当に選んではいませんか?

と言うのも、ネクタイは「色」によって、相手に伝わる印象が異なるのです。

そこで今回は、順にネクタイの色による印象の違いについてご紹介致します。

・赤のネクタイ
情熱的な印象を与えるため、自分を強くアピールしたい時に用います。

明るめの赤色はパーティなどに着用することが多く、日常で着用する場合は濃い赤色のネクタイを着用してみてはいかがでしょうか。

・黄系のネクタイ
明るい印象を与え、相手を和ませる効果があります。

初対面であることが多い婚活では、重宝される色でしょう。

・青のネクタイ
知的な印象を与えます。

さらに、相手の気持ちを落ち着かせる効果もあるため、お見合いなどの緊張しがちな場合におすすめです。

中でも、明るい青は爽やかな印象を与え、暗めの青は落ち着いた印象を与えます。

・黒やグレーのネクタイ
濃い色が入ったストライプ柄のネクタイは、近寄りがたい印象を与えてしまいます。

クールで知的なイメージもありますが、お見合いなどでは、あまりおすすめできない色となります。

その場に合ったネクタイを選んで、婚活を有利に進めていきましょう。