結婚披露宴の流れとは

挙式後に行われる披露宴は一般的には決まった流れで進行します。

今回は、披露宴の流れについてご紹介します。

まずゲスト入場、着席、開宴の辞、新郎新婦入場、プロフィール紹介、主賓挨拶、乾杯。

この流れで披露宴がスタートします。

様々な年齢のゲストが集まる改まった場なので、序盤は挨拶がメインとなります。

乾杯後はコース料理がスタートし、食事を楽しんだり、メイン2人と会話をしたりなどができます。

その後はケーキ入刀、歓談、お色直しを行いメイン2人は中座します。

ケーキ入刀、お色直し、歓談という流れを行い式場もあります。

ケーキ入刀という大きなメインイベント後なので、写真を撮りに席を立つ人も多く、比較的会場内の緊張がほぐれる時間となります。

お色直しで入場してからは披露宴後半となります。

スピーチ、余興、手紙、花束贈呈、両家代表挨拶、閉宴の辞、退場で披露宴終了となります。

披露宴後半はメイン2人のオリジナル性を出す時間帯でもあるため、2人がやりたいことによって進行が多少変わってきます。

中には余興はせずデザートビュッフェを行ったりする人もいます。

結婚式の細かな部分は人によっても変わってきますが、新婦の手紙や花束贈呈など、最後の締めくくりは一般的には同じ流れとなります。