飲めない人との居酒屋デートでの振る舞い

飲めない人と居酒屋デートをする場合には、自分の方がお酒を飲んている分少し多めに支払うことがとても大事です。

そうするだけでかなり好印象を持ってもらうことができます。

また、お酒をあまり飲まない相手のことをきちんと考えて、お酒のつまみだけでなくバランス良く注文することがとても大事になります。

お酒のおつまみだけ注文してしまうと、お酒を飲まない人はたくさん食べることができず満足できません。

自分のことだけ考えないようにすることが大事です。

さらに、最初は1杯だけ注文し残りは飲んであげるのが理想的です。

相手もそのほうが嬉しいですし、残った分飲んでもらえるだけで安心して距離感も縮まります。

そして、お酒の力を借りる人もいるかもしれませんが、泥酔するほど飲まないことがとても大切です。

飲んでしまうとまともな話しができなくなってしまう可能性が高くなります。

また、相手に不快な思いをさせてしまいます。

そのため、できるだけ飲みすぎないことが大切になります。

飲みすぎてしまうと好印象を持ってもらえませんし、相手に嫌な思いをさせてしまいます。