正しい敬語を使用するコツ

初対面の相手にいきなり友達のような口調で話をしてしまえば、失礼な人と思われてしまいます。

大人になったら敬語を使うのは常識ですので、きちんと敬語を使って話をするようにしましょう。

敬語を使うのであれば、正しい敬語を使わなければ、無理をしているのがバレてしまいますので、間違った敬語を使わないようにしましょう。

敬語を使う時のコツとしては、丁寧に話そうとしすぎて過剰な敬語にならないようにしなくてはなりません。

大人の社会人として敬語の使い方でスマートな使い方としては、「よろしければ」「差支えなければ」などの言葉をクッション言葉として使うようにすればスマートになります。

そして間違った敬語を使わないようにもしなくてはなりません。

例えば間違えやすいのが、すみませんという言葉です。

すみませんは、「すいません」ではなく「すみません」と使うのが正しいですので、間違って使っている人は直すようにしましょう。

敬語は使い慣れていない人が急に使おうと思っても、うまく使うことが出来ません。

いざという時に恥をかかないように普段から使うようにしておきましょう。